OpenSea(オープンシー)の始め方 登録・出品方法まで解説!

この記事の要約!
  • OpenSeaはNFT作品のメルカリみたいなイメージ
  • 始め方〜使い方は初心者でも簡単に完結
  • 事前に必要なのは仮想通貨の口座とウォレット
  • 値段設定やオークション開催もできる
  • コインチェックなら約10分でらくらく口座開設
助手くん

OpenSeaってなにも知らないわたしでも始められるのかしら、、?

クリプト博士

難しい操作は一切出てこないから、誰でも安心して始められるぞい!

世界中の人がNFT作品の取引をしていて、いまかなり盛り上がっているの『OpenSea』。

この記事を最後まで読めば、OpenSeaの始め方〜出品方法が把握でき、簡単にOpenSeaでの取引が始められます。

「NFTをやってみたい!」というあなたに向け、仮想通貨歴4年、ブログ歴7年、NFT好きな筆者が一生懸命書いたので、安心して読み進めてください!

OpenSeaで出品するには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

目次

OpenSeaとは?

OpenSea (オープンシー) とは、

NFTを売買できるマーケットプレイス

です。

ざっくり『NFT作品のメルカリ』と言えばイメージしやすいでしょう。

NFTマーケットプレイスの種類はほかにもありますが、2022年時点ではOpenSeaが世界最大規模となっているので、多くのNFT作品が取引されています。

OpenSeaでできること

OpenSeaに登録すると、以下の2つのことができます。

できること
  1. NFT作品の購入
  2. NFT作品の販売

ひとつずつ、よりわかりやすく解説します。

① NFT作品の購入

OpenSeaに出品されているNFT作品を購入できます。

世界中の人がNFTアートNFTゲームで手に入れたアイテムなどを出品しているので、眺めているだけでもおもしろいです。

クリプト博士

購入にはイーサリアムを使うから、事前に仮想通貨の口座開設が必要じゃぞい!

② NFT作品の販売

NFT関連の作品を持っている人は、OpenSeaで簡単に販売できます。

NFT作品じゃない普通の作品も、OpenSeaでNFT化することが可能です。

例えば、無料のイラストアプリを使ってイラストを描き、それをNFT化して稼いでる人もたくさんいます。

OpenSeaの始め方・出品方法

事前準備さえ終わってしまえば、あとはたったの3ステップで完結です。

たった3ステップ
  1. OpenSeaに登録
  2. NFTを選ぶ
  3. 出品する際の条件を設定して販売

NFTの世界に触れるまであと一歩なので、わかりやすく解説していきます。

① OpenSeaに登録

まずはOpenSeaの公式ページに移動し、アカウントを作成します。

事前準備ができてると?

前述したメタマスクの作成までが完了していれば、接続するだけでアカウントの登録が済みます。

助手くん

よくある『Googleアカウントでログイン』みたいな要領でできちゃうのね!

ここからはNFT作品を持っていることを前提に進めます

まだNFT作品を持っていない人は、

・NFT作り方 ( 詳細記事 )
・NFT買い方 ( 詳細記事 )
・NFT転売 ( 詳細記事 )

の記事を参考に、NFT作品を手に入れる or 作りましょう。

② NFTを選ぶ

OpenSeaのアカウントができたら、トップページから『My Collections』を選択します。

そして、販売したいNFT作品を選択し、売る際の条件を設定していきます。

助手くん

ほんとメルカリみたいに簡単にできるのね!

③ 出品する際の条件を設定して販売

販売条件は、以下の3つから選べます。

・Set Price (価格の設定)
・Highest Bid (オークション販売)
・Bundle (まとめ売り)

Set Price (価格の設定) が1番簡単なので、まずは価格を決めていきましょう。

価格条件が決まったら、青ボタンの「Post your Listing」をクリックし、メタマスクを起動させます。

そのまま手続きを進めると署名を促されるので、署名をして完了です。

注意点

出品時に『ガス代』と呼ばれる手数料(主にイーサリアム)が必要です。出品前に必ず仮想通貨の取引所を開設しましょう。

コインチェックなら口座開設〜入金まで10分ほどでサクッと完了します。

補足:オークション形式で販売することも可能

オークションで販売したい人は、Highest Bid (オークション販売)を選択しましょう。

すると、

・Minimum Bid (開始価格)
・Reserve price (最低価格)
・Expiration Date (期間)

が設定できるので、それぞれ自分の理想の条件を入力します。

するとメタマスクが起動するので、署名をして完了です。

クリプト博士

うまくやればオークションのほうが稼げるかもしれんぞい!

さっそくOpenSeaで出品してみよう!

この記事の要約!
  • OpenSeaはNFT作品のメルカリみたいなイメージ
  • 始め方〜使い方は初心者でも簡単に完結
  • 事前に必要なのは仮想通貨の口座とウォレット
  • 値段設定やオークション開催もできる
  • コインチェックなら約10分でらくらく口座開設

OpenSeaのアカウントさえ持っておけば、気が向いたときにいつでもNFTに触れることができます。

小学生が作ったNFT作品に総額4,400万円以上の価値が付くような世界なので、このチャンスを逃さないためにもいますぐ行動してみては?

クリプト博士
この記事を書いた人

仮想通貨歴4年、ブログ歴6年。

どこよりもわかりやすい
仮想通貨・NFT・メタバースの情報を発信。

ビットコインとイーサリアムを
メインで保有しています。
この記事を友人にシェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる