【解決】NFTアートが売れない理由と、売るための5つの戦略

この記事の要約!
  • NFTアートが売れないなら、まずはマーケットプレイスを見直そう
  • NFTアートが売れない理由のほとんどはマーケティング不足
  • NFTアートが売れる人は、ツイッター運用に力を入れている
  • コインチェックが新たなマーケットになる可能性あり
助手くん

NFTアートで稼ぎたいのに、全然売れないなぁ。

クリプト博士

それは作品が悪いんじゃなくて、売り方に問題があるぞい!

想いを込めて作ったNFTアートが売れないのは、すごく残念だしモヤモヤしますよね?

この記事を最後まで読めば、NFTアートが売れない理由〜売るための方法が理解でき、NFTアートを世界中の人に売るためのスキルが身につきます。

NFTアートを売りたい人の背中を押せるよう、仮想通貨歴4年、ブログ歴6年の、NFTに詳しい筆者が一生懸命記事を書いたので、読んで一歩踏み出してもらえたら嬉しいです!

NFTアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

目次

重要:NFTアートを売りたいならコインチェックで口座開設をしておくべき!

  • まだ仮想通貨の口座がない人
  • すでにコインチェック以外の取引所で口座を開設している人

上記のどちらの人も、コインチェック口座開設をしておくことをおすすめします。

コインチェックは最短10分ほどで口座開設ができるほど簡単なうえ、NFTを取り扱う『Coincheck NFT (β版)』もあります。

いまはNFTゲームの取り扱いがメインですが、コインチェック公式では以下のようなアナウンスもされています。

今後もCoincheck NFT(β版)では、ブロックチェーンゲームやアート、スポーツ、ファッションおよびメタバースなど幅広い分野で利用されるNFTの取扱いを増やすことで、新たな価値交換手段となる可能性を秘めるNFTを、お客様にもっと身近に感じていただけるきっかけを提供してまいります。

コインチェック公式

つまり、NFTアートの新たなマーケットプレイスがコインチェックによって誕生する可能性が高いということです。

助手くん

いまから口座を開設して入金しておけば、チャンスを逃さずに済みそうね!

そうなれば、コインチェックでのNFTアートの売買が盛り上がるはずなので、売れる波に乗り遅れないよう、いまのうちからコインチェックでの口座開設〜入金 (手数料無料) を忘れないようにしましょう。

サクッと無料で口座開設

そもそもNFTアートとは?

NFTアートは、アート作品にNFTの技術を組み合わせることでできた、『唯一無二のデジタルアート作品』です。

クリプト博士

つまり、デジタルのアート作品に「これはコピーではなくオリジナルですよ!」という証明がついているんじゃ!

関連記事:NFTとは?仕組みをわかりやすく解説!

とはいえ、『オリジナルの証明』の重要さにピンとこない方も多いと思うので、現実世界のアートを思い浮かべてみましょう。

例えば
  • モナリザ
  • ゲルニカ
  • 最後の晩餐

など、誰もが知っている有名な絵画があります。

上記の絵画に億を越える金額がつき、わざわざ世界中の人が美術館まで足を運ぶのは、その絵が『オリジナルで希少価値が高いから』ですよね?

それと同じように、いままではコピーや改ざんをし放題だったデジタル上のアートも、NFTによって価値がつくようになりました。

つまり、NFTアートによって、あなたのデジタル作品が『モナリザ』や『最後の晩餐』のように世界中から注目され、億を越える価値を生み出す可能性がグッと高まったのです。

売れるNFTアートと、売れないNFTアート

NFTアートの世界では、

  • 売れるNFTアート
  • 売れないNFTアート

で、明暗がわかれています。

助手くん

実際にNFTアートを売買してる人たちの声を見てみましょう!

NFTアートが売れた人たちの口コミ

クリプト博士

数秒で売れた人、たくさんの作品が完売した人、いろんな人がNFTの恩恵を受けとるんじゃ!

NFTアートが売れなかった人たちの口コミ

記事の後半にも書きましたが、あなたのNFTアートが売れないのは、作品の質が悪いのではなくて売り方が悪いからです。

想いを込めたり、楽しい気持ちで作った作品が売れないのは悲しいですよね?

筆者もたくさんの人に読んでほしくて一生懸命ブログを書いているので、形は違えど気持ちはすごくわかります。

次の章で解説しますが、NFTの市場は今後も上昇することが期待できるので、いまのうちに少しでも『売る力』を学んでおきましょう。

NFTアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

NFTアート市場の現在

NFTアートの”現在”にフォーカスすると、まだまだユーザー数は少ないです。

世界最大のNFTマーケットプレイスである『Open Sea (オープンシー)』でも、2021年11月の月間利用者は約23万人です。

助手くん

世界最大のマーケットに23万人だと、たしかに少なく感じるわね、、!

さらに、NFTアート市場は”売り手”が多いため、売れないことは珍しくありません。

しかしだからこそ、NFTアート市場にはいまから参入しておくことが重要になってきます。

NFTアート市場の盛り上がりはまだまだこれから

NFTアート市場の現状は、まだまだ小さいです。

ですが、「ここから数年間でかなりの盛り上がりを見せるだろう」というのが、世界中の起業家や投資家の見解です。

その理由として、NFTと深い繋がりのある、

  • 仮想通貨
  • メタバース

の市場が大きく盛り上がっていくからです。

そう考えると、いまから参入して、諦めずに種を蒔いておくことで、NFTアートが盛り上がったときに莫大な利益を上げれる可能性が高まるでしょう。

クリプト博士

しかもそのチャンスは、どんな人にも平等に与えられてるんじゃ!

NFTに必要な口座をサクッと開設

上手いイラストが売れるわけではない

NFTアートは、上手いイラストだから売れるわけではありません。

その理由の一例として、NFTアートのなかでも最も有名なイラストのひとつが、『Crypto Punks (クリプトパンクス)』です。

Crypto Punks

Crypto Punks (クリプトパンクス)とは、上記の画像のようにユニークな人の顔のドット絵が売買できるNFTのマーケットプレイスです。

見た目はただのドット絵ですが、これの面白いところはAIによって作られた、世界で10,000点のみのNFT作品だということです。

その話題性、希少性から、投資目的の購入者がたくさん参入し、2021年の9月には、日本円にするとなんと10億円以上で売買されたドット絵もあります。

クリプト博士

クレジットカードでおなじみのVISAも、日本円にして約1,800万円のCrypto Punksを購入して話題になったんじゃ!

これからイラストを始めたい人にもチャンスがある

2021年12月現在、NFTアートは、

  • イラストが上手な人

ではなく、

  • 新しいことに挑戦する行動力のある人

にとって、非常に有利な市場になっています。

その証拠に、小学3年生の男の子が「NFTアートをやってみたい!」と、自由研究で作ったイラストを販売したところ、総額4,400万円以上の価値がついたと言われています。

関連記事:小学3年生のNFTアート作品に380万円の価値がついた理由

イラストで有名になれるチャンスを掴めるのは、まだライバルの少ないこのタイミングで参入した人だけです。

クリプト博士

この記事をここまで読んでくれたあなたにはその行動力がある!ぜひ一歩踏み出してほしいぞい!

これからNFTアートを始める人は、先に仮想通貨取引所の口座を開設しておきましょう。NFTアートを始める際に必要になります。

NFTアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

売れるNFTアートの6つの共通点

世界中のさまざまなNFTアートを分析した結果、売れるNFTアートには以下の6つの共通点があることがわかりました。

売れる6つの共通点!
  1. ストーリー性がある
  2. 将来性がある
  3. ブランディングがうまい
  4. 限定感や特別感
  5. コミュニティ化している
  6. 重要! SNSの運用がうまい(特にツイッター)

上記の6つを押さえれば、売れるNFTアートが作れるので、ひとつずつ丁寧に解説していきます。

① ストーリー性がある

ストーリー性のあるNFTアートは話題になりやすいです。

  • 『AIに作らせた』クリプトパンクス
  • 小学3年生の自由研究のイラスト

など、NFTアート自体の評価だけでなく、その背景まで想像できるような作品だと、見ている人の感情をより動かしやすいでしょう。

② 将来性がある

NFTアートを購入する人のなかには、『投資』という意識を持っている人が多いです。

なので、「将来的に値上がりしそうなNFTアートか?」という疑問を解消できる要素があれば、購入率はグッと高くなるでしょう。

クリプト博士

そのためには、次の『ブランディング』がとても重要になるんじゃ!

投資としてNFTアートを集めたい人は、【NFT転売のやり方】NFTアートを売買して稼ぐ具体的な方法の記事も読んでおきましょう。

③ ブランディングがうまい

売れるNFTアートは、「お金を払ってでも買いたい」と思わせるブランディング (見せ方) ができていると言えます。

例えば、

  • コレクションしたいと思わせる作品の統一性
  • 人に自慢したいと思わせる見せ方
  • アカウントの権威性

などがしっかりと作り込まれていて、ついついチェックしたくなる存在になります。

助手くん

ブランディングが上手い人は、次の限定感や特別感の演出が上手いとも言えるわね!

④ 限定感や特別感

人間は、『限定』や『特別』という言葉には無条件に反応してしまう性質があります。

前述したクリプトパンクスがとても良い例で、「世界で限定10,000点」という特別感が多くの人の心をくすぐり、大反響となりました。

なので、限定感や特別感を演出することは、NFTアートを売るうえで最も重要な要素のひとつと言えるでしょう。

⑤ コミュニティ化している

④の限定感や特別感にも似ていますが、人間には「どこかのコミュニティに属したい」という心理があります。

例えば、

  • ベンツを買う人は、ベンツが欲しくて買っている

のではなく、

  • ベンツを買うことで、『ベンツのオーナー』というコミュニティに属したい

という人が、少なからず存在します。

クリプト博士

もちろん「心の底からベンツのデザインが好き」という人もいるぞい!

NFTアートでも、そんな人間の心理を読んだコミュニティが存在します。

BAYCのサルのアイコン

NFTアートのなかでも有名な『BAYC』のサルのアイコンがあります。

THE NEW YORKER

上記のようなサルのアイコンは、取引総額が100億円以上とされ、非常に注目を集めました。

BAYCのアイコンをツイッターのプロフィール画像に設定することで、その作者や同じアイコンを持つ人と同じコミュニティ属しているという扱いになります。

クリプト博士

BAYCのアイコンにしたら、1日で数百万人のフォロワーが増えた人もおるらしいぞい!

このように、「買うことで特別なコミュニティに属せる」という優越感があるNFTアートは、世界中で売れる傾向にあります。

NFTアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

⑥ 重要!SNSの運用がうまい(特にツイッター)

SNSの運用が上手い人は、自分が作成したNFTアートの魅力をしっかり伝えることができるので、とても強いです。

特にツイッターのような拡散性のあるSNSは強力な武器になるので、これからNFTアートを売っていきたい人は必ずアカウントを運用しましょう。

ツイッターでNFTアートを売りまくるには?

結論からいうと、ツイッターでNFTアートを売るには、『売れるツイートの型』を身につける必要があります。

あなたがセールスマンだとしたら、

  • なんとなくの説得で商品を売る
  • 売るための会話術を身につける

上記のどちらのほうが売れそうか一目瞭然ですよね?

ツイッターもまったく同じで、売れるツイートを使えば、あなたのNFTアートがたくさん拡散されて世界中の人に買ってもらえるようになります。

おもしろいようにNFTアートが売れる?ツイッター運用の教科書

これからツイッター運用をしたいなら、以下の教材が筆者のおすすめです。

【Twitterマーケティングマスター講座】フォロワーを増やし、感謝されながら収益化につなげる10の運用テンプレ-ト

上記の記事では、ツイッター経由で億越えの利益を出した迫さんが、実際に投稿して効果のあった「伸びるツイートのテンプレート」を初心者でもすぐに実践できるように紹介しています。

穴埋めするだけで伸びるツイートが作成でき、ツイッターでNFTアートたくさん売っているプロと同クオリティのツイートができます。

クリプト博士

つまりあなたのNFTアートも売れやすくなるということじゃ!

この教材から学べる具体的な内容は、

こんなに豪華な内容!
  1. Twitterを伸ばす上で必ず知っておきたい原理原則
  2. Twitter運用における10のテンプレート解説
  3. 10のテンプレートを活用してツイートを作るシート
  4. フォロー率をあげる魅力的なプロフィール文の作り方
  5. Twitterにおける半自動化施策
  6. Twitterにおける正しい絡み方とアプローチの仕方
  7. 無料オファー等の露出を増やす施策一覧

上記の7つ、まさに『売るためのツイッター大全』です。

ツイートが拡散されれば、あなたの分身が半永久的にあなたのNFTアートを営業し続けてくれるので、間違いなくコスパ最強の講座でしょう。

ツイッターの運用が上手いNFTクリエイターはまだまだ少ないので、ライバルに差をつけたい人は忘れずにチェックしてください。

いますぐ内容を確認する⇩

【Twitterマーケティングマスター講座】フォロワーを増やし、感謝されながら収益化につなげる10の運用テンプレ-ト

売れないNFTアート3つの共通点

売れるNFTアートの共通点とは反対に、売れないNFTアートには以下の3つの共通点がありました。

売れない3つの共通点!
  1. SNSで発信していない
  2. 特別感や限定感がない
  3. 買う側のメリットが設計されていない

反面教師にすべきとても重要な共通点なので、丁寧に解説していきます。

① SNSで発信していない

NFTアートに限らず、作品は作っただけでは認知されません。

知られてから、初めて「買うか・買わないか」を判断してもらうことができます。

なので、SNSで地道に発信する努力は欠かせないものになるでしょう。

クリプト博士

なにをするにも、SNSはセットで考えないといけない時代じゃからな!

SNSで発信するなら、拡散力があり、実際にNFTアートもたくさん売れているツイッターが圧倒的におすすめです。

いますぐ内容を確認する⇩

【Twitterマーケティングマスター講座】フォロワーを増やし、感謝されながら収益化につなげる10の運用テンプレ-ト

② 特別感や限定感がない

「買いたい!」と思わせる特別感や限定感がないと、NFTアートは売れません。

ドット絵が流行っているからといってドット絵を真似て描いても、それではただの二番煎じになり、誰からも見向きされない作品になってしまいます。

「この作品だからほしい!」より、「このクリエイターだからほしい!」と思われるアイデアを考えていきましょう。

③ 買う側のメリットが設計されていない

中には「純粋にこの人を応援したい」という気持ちで作品を買ってくれる人もいるかもしれませんが、そのようなボランティア精神のある聖人はほとんどいません。

買う人たちは、なにかメリットを期待してお金を払います。

  • 投資目的
  • 友だちに自慢したい
  • コミュニティに属したい

など、あなたのNFTアートにはどんなメリットがあるのか、どんなメリットなら提供できるのかを徹底的に考えましょう。

NFTに必要な口座をサクッと開設

NFTアートを売るための5つの戦略

NFTアートを売って利益を得ている人は、以下の5つの戦略を軸に戦っています。

売るための5つの戦略!
  1. ツイッターでNFT関連の人たちと絡む
  2. 売れている作品を研究する
  3. 売れている作品の要素を真似をする
  4. 買う側の心理を理解する
  5. 人気感を出す

どんな人でも再現性のある戦略なので、ひとつずつしっかりと解説していきます。

① ツイッターでNFT関連の人たちと絡む

まずはツイッターを使い、NFTについて発信している人との交流を深めましょう。

ツイッターでNFTについて発信している人は、

  • NFTのマーケットプレイスに登録している
  • 売買に必要な仮想通貨を所有している
  • NFTアートをコレクションしている

という人が多いので、あなたのNFTアートが気に入ってもらえれば、ツイッター上の繋がりだけでも購入してもらえる可能性は上がります。

たくさんの人に反応してもらえるツイートの型を身につけたい人は、以下のテンプレートは必須です。

いますぐ内容を確認する⇩

【Twitterマーケティングマスター講座】フォロワーを増やし、感謝されながら収益化につなげる10の運用テンプレ-ト

② 売れている作品を研究する

売れているNFTアートには、売れている理由が必ず存在します。

丸パクリするのは絶対にNGですが、売れている要素を自分なりに抜き出し、参考にしてみましょう。

  • クリプトニンジャ
  • ccデーモンがーる
  • Yoshiokaさん
  • さいとうなおきさん

などは有名なので要チェックです。

助手くん

実際のツイートをまとめてみたわ!

 

売れているNFTアートの例

さらに、

こんな方法もアリ!
  • ブラウザの翻訳機能を使って海外サイトの情報を仕入れる
  • ツイッターで「NFT 売れた」と検索する

など、話題のNFTアートをチェックする方法はたくさんあるので、ぜひ試してください。

NFTアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

③ 売れている作品の要素を真似をする

前述したように、売れている作品を見つけたら、作品の要素を真似てみましょう。

注意点

繰り返しになりますが、丸パクリは絶対にNGです。

同時に、「いまはどんなNFTアートが流行っているのか?」と、トレンドに敏感になることも重要です。

NFTのイラストを作るアプリはこちらの記事を参照ください。

④ 買う側の心理を理解する

売れる作品の要素を見つけたら、今度は買う側の心理を理解しましょう。

おすすめの方法!

ツイッターで「NFT 購入」と検索すると、買った人のツイートが出てきます。

そのツイートには、『買った理由』が添えられていることが多いので、まさに購入者の心理を知れる宝の山です。

とはいえ、NFTアートが買われる理由のダントツ1位は『投資目的』です。

もっと詳しく知りたい人は、【NFT投資のやり方】いま話題のNFTを使った投資方法をわかりやすく解説!の記事も読んで理解を深めましょう。

また、最近では短期でNFTアートを売買して利益を出す「NFT転売」も流行っています。

転売と聞くと「買い占めて異常な高値で売る」という悪質なものをイメージする方もいるかもしれませんが、それはマナーを守らない人がおこなう転売です。

NFTアートの転売は、これから伸びそうな作品を安いうちに買い、少し値上がりしたら売る、という「才能発掘」に近いような感覚でおこなわれています。

しかも、NFTアートの場合は「作品が売買されるたびに制作したクリエイターに手数料が入る」という設定ができます。

高額チケット転売のような悪質な転売は、制作したクリエイターにお金が落ちずに嫌な思いをするだけですが、NFT転売の場合はむしろクリエイターにとって嬉しいのです。

NFT転売についてはこちらの記事に書きましたので、知見を広げるために読んでみてください↓

⑤ 人気感を出す

ブランディングの部分ですが、『人気感』が見てわかることも非常に大切です。

  • 売れた報告
  • フォロワー数
  • プロフィールでの権威性

など、強みがあれば恥ずかしがらずにどんどんアピールしましょう。

クリプト博士

人気店にはつい並びたくなる心理があるが、それと同じことじゃ!

NFTアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

NFTアートを攻略して収入源を作ろう

この記事の要約!
  • NFTアートが売れないなら、まずはマーケットプレイスを見直そう
  • NFTアートが売れない理由のほとんどはマーケティング不足
  • NFTアートが売れる人は、ツイッター運用に力を入れている
  • 「売れない」から抜け出すには、売れてる人を真似するのが1番の近道

NFTアートが売れないのは、あなたの作品が悪いのではなく、売り方が間違っているだけです。

助手くん

あなたが想いを込めて作ったNFTアートは素敵だし、もっと評価されるべきだわ!

だからこそ、いまのこの瞬間からSNSを駆使した売り方をしっかり学ぶことがなによりも重要になります。

ツイッターなら無料なうえ、作品を紹介したツイートがうまく拡散されれば、あなたのNFTアートを世界中に売ってくれる優秀なセールスマンを半永久的に雇うのと同じような効果があります。

そのためには、以下の教材で売れるツイートをコツを学ぶのが1番の近道なので、「NFTアートが売れない」と悩んでる人は必ずチェックしておきましょう。

いますぐ内容を確認する⇩

【Twitterマーケティングマスター講座】フォロワーを増やし、感謝されながら収益化につなげる10の運用テンプレ-ト

この機会にNFTを始めたい人はこちらの記事をどうぞ↓

クリプト博士
この記事を書いた人

仮想通貨歴4年、ブログ歴6年。

どこよりもわかりやすい
仮想通貨・NFT・メタバースの情報を発信。

ビットコインとイーサリアムを
メインで保有しています。
この記事を友人にシェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる