【簡単】NFTデジタルアートの作り方〜売れる販売方法を徹底解説!

この記事の要約!
  • NFTデジタルアートは世界中で売れる
  • アプリを使えばNFTデジタルアートは簡単に作れる
  • 販売スキルがなくても戦略を考えれば誰でも戦える
  • うまくいけば不労所得にもなる
  • NFTデジタルアートを売るなら、まずはコインチェックでサクッと口座開設を!
助手くん

NFTデジタルアートって簡単に作成できるの?

クリプト博士

作成も販売も簡単に始めることができるぞい!

世界中の有名企業や有名人が大注目している、『NFTデジタルアート』。

特に、イラストを描くのが好きな人にとっては、働き方が変わる大きなチャンスとなっています。

この記事を最後まで読めば、NFTデジタルアートの作り方〜販売方法まで理解でき、NFTデジタルアートで新しい収入源をつくるきっかけを手にできます。

少しでもイラストで稼ぎたい人に向けて、NFTに詳しいクリプト博士が一生懸命記事を書いたので、目次から気になるパートに飛んでみてください!

NFTデジタルアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

目次

NFT(デジタル)アートとは?

NFTデジタルアートとは、アート作品にNFTの技術を組み合わせることでできた、『唯一無二のデジタルアート作品』です。

クリプト博士

つまり、デジタルのアート作品に「これはコピーではなくオリジナルですよ!」という証明がついているんじゃ!

関連記事:NFTとは?仕組みをわかりやすく解説!

とはいえ、『オリジナルの証明』の重要さにピンとこない方も多いと思うので、現実世界のアートを思い浮かべてみましょう。

例えば
  • モナリザ
  • ゲルニカ
  • 最後の晩餐

など、誰もが知っている有名な絵画があります。

上記のような絵画をわざわざ世界中の人が鑑賞しにくるのは、その絵が『オリジナル(本物)だから』ですよね?

偽物だったら見に行かないはずです。

それと同じように、いままではコピーや改ざんをし放題だったデジタル上のアート作品も、NFTによって「本物の証明」ができるようになり、価値がつくようになりました。

クリプト博士

しかも今は世界中で空前のNFTブームが起きておる!

つまり、NFTの技術によって、イラストのデジタルデータに価値がついて、売買できる時代がやってきたのです。

NFTデジタルアートには、具体的には

  • イラスト
  • 絵画(スキャンしてデータ化)
  • 写真
  • 音楽
  • 3Dモデル

などが含まれていて、基本的にデジタルのデータならなんでも価値をつけて販売することができます。

NFT市場ではイラスト作品が人気!

NFTデジタルアートの登場で、あなたが心を込めて描いたイラストのデジタルデータが売れる、しかもとんでもない高額で売買される可能性も出てきました。

そう言われてもピンとこないと思うので、実際にNFTデジタルアートで稼いだ人の例を紹介します。

具体的には、

こんな例があるよ!
  1. 小学3年生の自由研究が〇〇千万円の価値に
  2. NFTデジタルアートを始めてたった1週間で〇○万円の売上
  3. 眠っている間にたくさんのイラストが売れて稼げた

上記の人たちの声を、画像付きで見ていきます。

NFTデジタルアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

小学3年生の自由研究が〇〇千万円の価値に

小学3年生の男の子が描いたNFTデジタルアートがバズりにバズり、世界中の人に購入されました。

たくさんのイラストが売買されたため、その総額は4,400万円以上とも言われ、ニュースにも大きく取り上げられました。

助手くん

す、すごい、、!わたしが親だったら絶対こどもに挑戦させるわ!

NFTデジタルアートを始めてたった1週間で〇〇万円の売上

NFTと聞くと難しいイメージがあると思いますが、上記の方は始めてたった1週間で約38万円の売上をつくりました。

どんな人にもチャンスがある、最高の例ですね。

眠っている間にたくさんのNFTデジタルアートが売れて稼げた

NFTデジタルアートの素晴らしいところは、あなたが寝ていても遊んでいても、勝手に稼いでくれるところです。

ライバルの少ないいまのうちに参入し、自分のポジションを確立することで、イラストで『不労所得』を得ることも夢ではありません。

共通点は『少しの行動力』

ここまでのツイートを見て注目してほしいのが、有名人のNFTデジタルアートではなく、『一般人』が描いたイラストが高額で売れているということです。

クリプト博士

もちろんクオリティが高く素晴らしい作品であることに間違いはないぞい!

その背景には、「NFTデジタルアート自体に投資としての価値がある」という世界的な認識があります。

つまり、この記事を読んでいるあなたにも、いますぐに行動すれば大きなチャンスがあるのです。

NFTデジタルアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

NFTデジタルアートを作るまでの流れ

NFTデジタルアートを作って売るためのステップは、以下の3つです。

たった3ステップ
  1. NFTマーケットに登録する
  2. オリジナルイラストを作る
  3. 戦略を立てて売っていく

未経験でもこの3ステップを踏めば、誰でもNFTデジタルアートの作成〜販売ができるようになるので、丁寧に解説します。

1. NFTマーケットに登録する

まずは以下の6ステップで、NFTマーケットへの登録を済ませておきましょう。

たった6ステップ
  1. 仮想通貨取引所の口座をつくる
  2. イーサリアムを購入する
  3. 財布(ウォレット)をつくる
  4. NFTアートのサイトに登録する
  5. 財布(ウォレット)にコインを入れる
  6. コインで手数料を払い、NFTを販売する

手順が大変そうに見えますが、そのぶん始める前から諦めてしまう人が多いのでチャンスです。

筆者はコインチェックを使って約16分半という短時間で仮想通貨取引所の口座開設ができました。

本人確認などで数日かかるので、まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

詳しい手順は、NFTアートの作り方(始め方)・販売方法を6ステップで解説!の通りに進めてみてください。

2. オリジナルイラストを作る

NFTマーケットに登録できたら、出品するためにオリジナルのイラストを作りましょう。

熟練したスキルがないと難しそうに思えますが、以下の7つのアプリならプロ顔負けのNFTデジタルアートが簡単に作れます。

ピクセルアートPhotoshop(フォトショップ)
ピクセルアート8bit painter
ピクセルアートドット絵エディタ – Dottable
ピクセルアートPixelable
イラストIllustrator(イラストレーター)
イラストCamScanner
イラストIbis Paint x

各アプリの詳細は、NFTアートを作るおすすめアプリ7選!イラストレーター必見!の記事でチェックしてください。

3. 戦略を立てて売っていく

どれだけ作品が優れていても、戦略がなければ売れません。

とはいえ、販売スキルに自信がない人でも、以下の6つを意識すれば売るための差別化ができます。

売れる6つの共通点!
  1. ストーリー性がある
  2. 将来性がある
  3. ブランディングがうまい
  4. 限定感や特別感
  5. コミュニティ化している
  6. SNSの運用がうまい(特にツイッター)

NFTアートが売れない理由と、売るための5つの戦略の記事でひとつずつ解説しています。

NFTデジタルアートとしてイラスト作品を販売していくコツ

NFTデジタルアートを作る際、以下の3つのコツを押さえることで、より高値で取引してもらえる可能性が高まります。

たった3ステップ
  1. オリジナルデジタルアートを作る
  2. 価格設定を工夫する
  3. アカウントの見せ方を考える

難しいことは一切出てこないので、名のあるNFTデジタルアートクリエイターになるために読んでおきましょう。

オリジナルデジタルアートを作る(著作権に触れるものは扱わない)

当たり前ですが、必ずオリジナルデジタルアートを作成してください。

NFTデジタルアートは世界中の人からみられるぶん、人の作品のパクリなど著作権に触れるものは一瞬にしてバレます。

逆に言えば、人から真似されるような人気NFTデジタルアート作品を作れれば、たった一夜にして世界で有名になり、莫大な収益をあげることができます。

クリプト博士

なにが言いたいかというと、近道なんてないんじゃ。『努力を重ねた人だけが勝てる』ということを忘れずにな!

価格設定を工夫する(周りの相場を見て判断する)

価格設定は非常に重要です。

助手くん

初めての作品だし、100円とかで売ってみようかな、、?

結論から言うと、安すぎる値段をつけるのは避けましょう。

見ている人からすると、『価値が上がる気配のない作品』と判断されやすくなります

とはいえ、あまりに高額な作品は有名にならないと売れません。

なので、

最低でも1,000円〜の値段をつけましょう。

価格設定に正解はありませんが、せっかく作った作品なので、自信を持って価格を決めてみては?

アカウントの見せ方を考える

自分の作品、そして自分自身をブランディングすることも大切です。

  • NFTデジタルアートクリエイターとして活動するまでのストーリー
  • 作品を見ただけで「あの人だ!」とわかるような世界観

などは、多くの人を惹きつけ、より拡散されやすくなります。

そのためには、普段からSNSで積極的に発信することが大切です。

助手くん

でも発信できることなんてないな〜。。

あなたにとっては当たり前の知識でも、見る人によっては価値ある情報になります。

まずは1日1投稿からでもいいので、気軽に挑戦してみましょう。

クリプト博士

拡散性のあるTwitterがおすすめじゃ!

NFTデジタルアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

NFTデジタルアートの販売に欠かせないこと

NFTデジタルアートの販売に欠かせないのは、

  • とにかくたくさん描いてみる
  • とにかくたくさん販売してみる

上記の2つの姿勢がなによりも大切です。

助手くん

でも質の高いイラストを描かないと売れないんじゃないの、、?

うまいイラストだけが売れるわけじゃない

NFTデジタルアートのなかでも、最も有名なイラストのひとつが、『Crypto Punks (クリプトパンクス)』です。

Crypto Punks

Crypto Punks (クリプトパンクス)とは、上記の画像のようにユニークな人の顔のドット絵が売買できるNFTのマーケットプレイスです。

見た目はただのドット絵ですが、これの面白いところはAIによって作られた、世界で10,000点のみのNFT作品だということです。

その話題性、希少性から、投資目的の購入者がたくさん参入し、2021年の9月には、日本円にするとなんと10億円以上で売買されたドット絵もあります。

クリプト博士

クレジットカードでおなじみのVISAも、日本円にして約1,800万円のCrypto Punksを購入して話題になったんじゃ!

とはいえ、見た人が感動するような美しいイラストかと言われると、そうではないですよね?

これからNFTデジタルアートを始めたい人にもチャンスがある

2021年12月現在、NFTデジタルアートは、

  • イラストが上手な人

ではなく、

  • 新しいことに挑戦する行動力のある人

にとって、非常に有利な市場になっています。

前述した小学3年生の男の子も、「NFTデジタルアートをやってみたい!」という好奇心から始まり、自由研究で作ったイラストに総額4,400万円以上の価値がついたと言われています。

イラストで有名になれるチャンスを掴めるのは、まだライバルの少ないこのタイミングで参入した人だけです。

クリプト博士

この記事をここまで読んでくれたあなたにはその行動力がある!ぜひ一歩踏み出してほしいぞい!

NFTデジタルアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

さっそくNFTデジタルアートを作ってみよう!

まとめ!
  • NFTデジタルアートは世界中で売れる
  • アプリを使えばNFTデジタルアートは簡単に作れる
  • 販売スキルがなくても戦略を考えれば誰でも戦える
  • うまくいけば不労所得にもなる
  • NFTデジタルアートを売るなら、まずはコインチェックでサクッと口座開設を!

NFTデジタルアートの存在を知っても、実際に作って販売する人は一握りです。

多くの人が行動しないということは、少しでも行動すれば、誰でも大きなチャンスを掴める可能性が高いということ。

作成から販売までの手順は難しくないので、記事を参考にしながら一歩踏み出してみては?

サクッと無料で口座開設

NFTデジタルアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

次に読みたい記事

NFTアートで人気のドット絵の作り方
NFTの今後の将来性!アート・ゲーム・投資の観点から考察する

クリプト博士
この記事を書いた人

仮想通貨歴4年、ブログ歴6年。

どこよりもわかりやすい
仮想通貨・NFT・メタバースの情報を発信。

ビットコインとイーサリアムを
メインで保有しています。
この記事を友人にシェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる