【スマホのみ】NFTアートの作り方(始め方)を6ステップでわかりやすく解説!

この記事の要約!
  • NFTアートはスマホで作成できる
  • スマホでの始め方は非常に簡単
  • ライバルが少ないいまが大チャンス
  • スマホでNFTアートを始めるならコインチェックが1番ラクちん!
助手くん

スマホでサクッとできるNFTアートの始め方が知りたい!

クリプト博士

それならこの記事の通りにやればあっという間にできるぞい!

NFTには難しそうなイメージがありますが、実は無料アプリを使えば誰でも簡単にスマホでNFTアートの作成〜販売ができます。

この記事を最後まで読めば、スマホでのNFTアートの作り方〜販売方法までがわかり、スマホ1台で活躍する『NFTクリエイター』として一歩が踏み出せます。

スマホでNFTアートを始めたい人に向け、仮想通貨歴4年、ブログ歴6年、NFTに詳しい筆者が一生懸命記事を書いたので、安心して読んでみてください!

NFTアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

目次

NFTアートとは?

NFTアートとは、アート作品にNFTの技術を組み合わせることでできた、『唯一無二のデジタルアート作品』です。

クリプト博士

つまり、デジタルのアート作品に「これはコピーではなくオリジナルですよ!」という証明がついているんじゃ!

関連記事:NFTとは?仕組みをわかりやすく解説!

とはいえ、『オリジナルの証明』の重要さにピンとこない方も多いと思うので、現実世界のアートを思い浮かべてみましょう。

例えば
  • モナリザ
  • ゲルニカ
  • 最後の晩餐

など、誰もが知っている有名な絵画があります。

上記のような絵画をわざわざ世界中の人が鑑賞しにくるのは、その絵が『オリジナル(本物)だから』ですよね?

偽物だったら見に行かないはずです。

それと同じように、いままではコピーや改ざんをし放題だったデジタル上のアート作品も、NFTによって「本物の証明」ができるようになり、価値がつくようになりました。

クリプト博士

しかも今は世界中で空前のNFTブームが起きておる!

つまり、NFTの技術によって、イラストのデジタルデータに価値がついて、売買できる時代がやってきたのです。

NFTアートには、具体的には

  • イラスト
  • 絵画(スキャンしてデータ化)
  • 写真
  • 音楽
  • 3Dモデル

などが含まれていて、基本的にデジタルのデータならなんでも価値をつけて販売することができます。

NFTアートは小学生でも出品できるほど簡単

2021年9月、小学3年生の男の子が『夏休みの自由研究』として描いた絵が、世界最大手のNFT取引所『Open Sea (オープンシー)』で高額取引されました。

ゾンビと虫や動物を掛け合わせた『Zombie Zoo (ゾンビズー)』というドット絵で、使ったのはドット絵が描ける無料アプリのみ。

つまり、NFTアートは小学生でも作成でき、『Open Sea (オープンシー)』に登録されすれば、誰でも世界中で高額取引される有名『NFTアートクリエイター』になれる可能性があるのです。

関連記事:小学3年生のNFTアート作品に380万円の価値がついた理由

助手くん

すごい!これなら初心者の私でもできそう、、!

NFTアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

NFTアートの作り方:スマホ編

NFTアートは、以下の2つを準備すれば誰でも簡単に始められます。

たった2ステップ
  1. オリジナルのNFTイラストを作る
  2. コインチェックでスマホからサクッと口座開設

②の仮想通貨の口座開設については、のちほど詳しく解説しますが、本人確認に時間がかかる場合があります。

なので、イラストを作る前に、コインチェックで先に口座開設しておくことをおすすめします。

スマホでサクッと開設

オリジナルのNFTイラストを作る

スマホで簡単にオリジナルのNFTイラストを制作できるアプリは、以下の4つがおすすめです。

ピクセルアート (ドット絵) の場合!
  • 8bit painter
  • ドット絵エディタ – Dottable
イラストの場合!
  • Ibis Paint x
  • CamScanner

各アプリの詳細は、NFTアートを作るおすすめアプリ7選!イラストレーター必見!の記事で紹介しています。

コインチェックでスマホからサクッと口座開設

NFTアートを始めるには仮想通貨の口座が必要なので、コインチェックで開設しましょう。

コインチェックをおすすめする理由は、スマホでの開設〜操作までが圧倒的に簡単だからです。

流れとしては、以下のたった6ステップ。

たった6ステップ
  1. スマホでコインチェックの口座を開設する
  2. スマホからコインチェックでイーサリアムを購入する
  3. スマホで財布 (ウォレット) をつくる
  4. スマホからNFTアートのサイトに登録する
  5. 財布(ウォレット)にコインを入れる
  6. コインで手数料を払い、NFTを販売する

思っている以上にラクに完了するので、安心して進めてもらえると嬉しいです。

① スマホでコインチェックの口座を開設する

まずは、『仮想通貨取引所の口座』が必要になります。

「難しそう、、」と思う方でも、コインチェックであれば拍子抜けするほど簡単にスマホから口座開設が完了します。

実際に筆者はスマホからコインチェックを使い、

  • 口座開設:13分
  • 日本円の入金:3分
  • 仮想通貨購入:30秒

合計16分半でコインチェックの口座開設〜購入までを済ませました。

クリプト博士

本人確認の待ち時間などは考慮しとらんけど、それでもとにかく簡単であっという間じゃったよ!

ちなみにコインチェックは、国内No,1のダウンロード数があるうえ、口座開設は無料です。

本人確認などで数日かかる場合があるので、いますぐ開設しておきましょう。

② スマホからコインチェックでイーサリアムを購入する

コインチェックへの登録が済んだら、ここからは非常に簡単です。

スマホで開設したコインチェックの口座で、NFTアートの売買に必要なイーサリアム (ETH) を購入しましょう。

手順はたったの2ステップで、

たった2ステップ
  1. 日本円の入金 (無料)
  2. イーサリアムの購入

のみです。

入金手数料は無料ですが、振込手数料は銀行への振込と同じようにかかるので、それを踏まえてまず試しに少額から入金してみましょう。

イーサリアムをはじめとする仮想通貨は、初心者にも優しく最低500円〜購入できるので安心です。

詳しくは、【スマホで出来る】コインチェックで口座開設する方法をわかりやすく解説!の後半パートに載っています。

クリプト博士

日本円の入金〜イーサリアムの購入まで、わしは5分もかからなかったぞい!

サクッと無料で口座開設

③ スマホで財布(ウォレット)をつくる

NFTアートを売買をするには、仮想通貨を入れるための財布 (ウォレット)が必要です。

これは、MetaMask (メタマスク)という仮想通貨ウォレットをダウンロードすれば、誰でも自分だけのお財布が使えるようになります。

手順は口座開設よりも簡単な、以下のたった3ステップです。

たった3ステップ
  1. MetaMaskのアプリをインストール
  2. パスワードを設定
  3. シードフレーズ (バックアップフレーズ)を設定

スマホでのアプリ設定が終わると、入金・送金、どちらもサクッとできるので、非常に便利です。

④ スマホからNFTアートのサイトに登録する

財布 (ウォレット)の準備ができたら、NFTアートのお店に登録をしましょう。

この記事では、世界最大規模のNFTアート専門店『Open Sea (オープンシー)』を紹介します。

手順は非常に簡単で、以下のたったの4ステップです。

たった4ステップ
  1. Open Seaへ登録
  2. 『Profile』を選択
  3. 『Metamask』を選択
  4. 『接続』を選択

Open Seaでは、アカウントを使い始めるときに『ガス代』と呼ばれる手数料のようなものがかかります。

とはいえ、その後は無料でNFTを発行してくれるので、たくさんのNFTアートを追加したい方は、必ずOpen Seaでアカウントをつくりましょう。

注意点

マーケットプレイスによっては、作品を追加するたびにお金がかかる場合もあるので、注意してください。

ここまでくれば、NFTを売買するための準備は8割完了です。

Open seaの種類について

Open Seaには、

  • イーサリアム版
  • ポリゴン版

の2種類があります。

ポリゴン版はガス代が安いというメリットがありますが、イーサリアム版のほうが主流です。

コインチェックでイーサリアムを購入してそのまま利用できるので、まずはイーサリアム版から始め、慣れたらポリゴン版も覗いてみましょう。

⑤ 財布(ウォレット)にコインを入れる

コインチェックでイーサリアムを購入したら、ステップ③で作った財布 (ウォレット)にイーサリアムを送金します。

手順は銀行の送金と同じような感覚でとても簡単にできます。

助手くん

ついにあと1ステップでNFTが発行してもらえるのね!

⑥ コインで手数料を払い、NFTを販売する

財布 (ウォレット)への送金が確認できたら、いよいよNFTの発行ができます。

ステップ④で登録した『Open Sea』のなかに、あなただけのお店をつくっていきます。

手順は以下の5つ、

たった5ステップ
  1. Open Seaのブラウザを開く
  2. 右上のメニューバーを開く
  3. 『Connect wallet』を選択
  4. 『MetaMask』を選択
  5. 設定を完了し、『Create』を選択
クリプト博士

おめでとう!これで今日から『NFTアートクリエイター』という肩書きを名乗れるぞい!

サクッと無料で口座開設

スマホでNFTアート作品を販売していくコツ

スマホでNFTアートを作る際、以下の3つのコツを押さえることで、より高値で取引してもらえる可能性が高まります。

たった3ステップ
  1. オリジナルのNFTアートを作る
  2. 価格設定を工夫する
  3. アカウントの見せ方を考える

難しいことは一切出てこないので、スマホ1台で名のあるNFTアートクリエイターになるために読んでおきましょう。

オリジナルNFTアートを作る(著作権に触れるものは扱わない)

当たり前ですが、必ずオリジナルNFTアートを作成してください。

NFTアートは世界中の人からみられるぶん、人の作品のパクリなど著作権に触れるものは一瞬にしてバレます。

逆に言えば、人から真似されるような人気NFTアート作品を作れれば、たった一夜にして世界で有名になり、莫大な収益をあげることができます。

NFTアートを作るおすすめアプリはこちらの記事を参考にしてみてください↓

クリプト博士

なにが言いたいかというと、近道なんてないんじゃ。『努力を重ねた人だけが勝てる』ということを忘れずにな!

価格設定を工夫する(周りの相場を見て判断する)

価格設定は非常に重要です。

助手くん

初めての作品だし、100円とかで売ってみようかな、、?

結論から言うと、安すぎる値段をつけるのは避けましょう。

見ている人からすると、『価値が上がる気配のない作品』と判断されやすくなります

とはいえ、あまりに高額な作品は有名にならないと売れません。

なので、

最低でも1,000円〜の値段をつけましょう。

価格設定に正解はありませんが、せっかく作った作品なので、自信を持って価格を決めてみては?

アカウントの見せ方を考える

自分の作品、そして自分自身をブランディングすることも大切です。

  • スマホでNFTアートクリエイターとして活動するまでのストーリー
  • 作品を見ただけで「あの人だ!」とわかるような世界観

などは、多くの人を惹きつけ、より拡散されやすくなります。

そのためには、普段からSNSで積極的に発信することが大切です。

助手くん

でも発信できることなんてないな〜。。

あなたにとっては当たり前の知識でも、見る人によっては価値ある情報になります。

まずは1日1投稿からでもいいので、気軽に挑戦してみましょう。

クリプト博士

拡散性のあるTwitterがおすすめじゃ!

たくさんの人にNFTアートが売りたい人は、NFTアートが売れない理由と、売るための5つの戦略の記事も忘れずに読んでおきましょう。

NFTアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

NFTアートのスマホで販売する際に欠かせないこと

NFTアートをスマホで販売する際に欠かせないのは、

  • とにかくたくさん描いてみる
  • とにかくたくさん販売してみる

上記の2つの姿勢がなによりも大切です。

助手くん

でも質の高いイラストを描かないと売れないんじゃないの、、?

うまいイラストだけが売れるわけじゃない

NFTアートのなかでも、最も有名なイラストのひとつが、『Crypto Punks (クリプトパンクス)』です。

Crypto Punks

Crypto Punks (クリプトパンクス)とは、上記の画像のようにユニークな人の顔のドット絵が売買できるNFTのマーケットプレイスです。

見た目はただのドット絵ですが、これの面白いところはAIによって作られた、世界で10,000点のみのNFT作品だということです。

その話題性、希少性から、投資目的の購入者がたくさん参入し、2021年の9月には、日本円にするとなんと10億円以上で売買されたドット絵もあります。

クリプト博士

クレジットカードでおなじみのVISAも、日本円にして約1,800万円のCrypto Punksを購入して話題になったんじゃ!

とはいえ、見た人が感動するような美しいイラストかと言われると、そうではないですよね?

これからスマホでNFTアートを始めたい人にもチャンスがある

2022年1月現在、NFTアートは、

  • イラストが上手な人

ではなく、

  • 新しいことに挑戦する行動力のある人

にとって、非常に有利な市場になっています。

前述した小学3年生の男の子も、「NFTアートをやってみたい!」という好奇心から始まり、自由研究で作ったイラストに総額4,400万円以上の価値がついたと言われています。

イラストで有名になれるチャンスを掴めるのは、まだライバルの少ないこのタイミングで参入した人だけです。

クリプト博士

この記事をここまで読んでくれたあなたにはその行動力がある!ぜひ一歩踏み出してほしいぞい!

スマホでサクッと口座開設

さっそくスマホでNFTアートを作ってみよう!

スマホでNFTアートを作れると知っても、実際に作って販売する人は一握りです。

多くの人が行動しないということは、少しでも行動すれば、誰でも大きなチャンスを掴める可能性が高いということ。

たったスマホ1台で作成から販売まで簡単にできるので、記事を参考にしながら一歩踏み出してみては?

NFTアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

次に読みたい記事

イラストをNFTアート化して販売する方法をたった6ステップで解説!
NFT(アート)のメリット・デメリットは?

クリプト博士
この記事を書いた人

仮想通貨歴4年、ブログ歴6年。

どこよりもわかりやすい
仮想通貨・NFT・メタバースの情報を発信。

ビットコインとイーサリアムを
メインで保有しています。
この記事を友人にシェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる