【NFTとは?】NFTアートの仕組みと始め方をわかりやすく徹底解説!

こんな悩みを完全解決!
  • NFTってなに?
  • NFTと仮想通貨って違うの?
  • NFTを始め方を詳しく知りたい!
クリプト博士

世界が注目するNFTについて、博士のワシが誰よりもわかりやすく解説するぞい!

この記事を最後まで読めば、NFTの仕組みが完全に理解できます。

NFT(アート)には、

  • イラスト
  • 絵画(スキャンしてデータ化)
  • 写真
  • 音楽
  • 3Dモデル

などが含まれていて、基本的にデジタルのデータならなんでも価値をつけて販売することができます。

このNFTが、アーティスト・クリエイターの新しい収入源を作ったり、投資家の方々にとっても有望な投資先になっていきます。

「NFTってなに?」っていう人でも直感的に理解できる例を用意しているので、安心して読み進めてください。

NFTを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

目次

NFTとは?

NFTとは、『Non Fungible Token』の頭文字を取ったもので、直訳すると『代替不可のトークン』という意味になります。

クリプト博士

なんて言われても意味不明じゃよな? だから言葉の意味じゃなくて、イメージで覚えよう!


つまり簡単にいうと、『唯一無二の価値を持ったデジタル上の資産』という意味です。

助手くん

えっと、、もう少しわかりやすく説明してもらえますか?

NFTの仕組み

イメージとしては、デジタル上で『モノを所有できる』ということです。

例えば、現実世界ではお金を支払うことで、

  • 家や土地
  • 車やバイク

などを、自分のモノとして所有することができます。

クリプト博士

『所有権』というものがあるからな!

所有権のおかげで、家や車が『あなたのモノ』という証明になるので、他人が「これは私のモノです!」と主張しても、それは認められません。

なので、あなたの名義で所有しているモノという意味では、『唯一無二』です。

では、デジタル上に置き換えて考えてみましょう。

デジタル上の場合

例えば、あなたが駆け出しのイラストレーターだとしましょう。

助手くん

イラストレーターとして有名になりたいわ!

そう思ったあなたは、デジタル上でたくさんのアイコンを描いては、イラストレーターの友だちに送って感想をもらっていました。

そんなある日、なんとなくSNSを見ていると、あなたが描いたアイコンが拡散されています。

そして、そのアイコンをプロフィール画像に設定したアカウントが、「このアイコンは私が描きました!」と、多くのフォロワーを集めていました。

ですが、そのアイコンを描いたのは確実にあなたで、さらにそのアイコンの存在を知っているのは、いつも感想をくれていた友だちだけです。

なので、連絡をして確認を取ることに。

助手くん

私が描いたアイコンだよね? どういうこと?

するとその友だちは、「でも、あなたが描いたアイコンだっていう証明はできないよね?」と、ついにはそのアイコンの販売まで始めてしまいました。

助手くん

ひどいよ。。なんとかしなきゃ。。

と思ったものの、実際に自分の描いたアイコンだと証明できるものがなかったので、結局泣き寝入りするしかなく、そのままイラストレーターの夢を諦めてしまいました。

クリプト博士

いまのは仮の話じゃが、デジタル上のデータは「自分のモノです!」という証明が難しいということが、なんとなくイメージできたかの?

NFTはデジタル上に『所有権』を発行できる技術

上記の例は仮の話ですが、もしもあなたがアイコンの所有者だと証明できたら、どうでしょう?

そんなデジタル上の証明を可能にしたのが、『NFT』なのです。

つまり、ネット上にある、

  • 写真
  • 音楽
  • イラスト

などのデータに対して、現実世界の、

  • 家や土地
  • 車やバイク

と同じように、「これは私が所有しています」という、『所有権』が認められるようになったイメージです。

クリプト博士

いくら他人が「これはわたしのモノです」と主張しても、一発でウソが見破れるようになったんじゃ!

そして、その技術をアートに応用し、いまものすごい話題になっているのが記事の後半で解説する『NFTアート』です。

NFTを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

NFTの成り立ちと歴史

スクロールできます
2017年イーサリアムブロックチェーン上に『Crypto Kitties』というゲームが登場。猫のNFTイラストが数百万〜の価格で売買されて盛り上がる。
2018年仮想通貨の大暴落により、第一次NFTバブルが崩壊。
2020年『NBA Top Shot』という、NBA選手のデジタルカードがNFTで発行され、大盛り上がり。
2021年デジタルアーティストの『Beeple』のNFTアートが、約75億円で落札されるなど、バブル状態。
2022年さらなる過熱が予測される、、?
横スクロールできます⇨

NFTと仮想通貨はどう違うの?

  • NFT
    ⇨オリジナルのモノだけに価値がある
  • 仮想通貨
    ⇨流通しているすべての通貨に価値がある

つまり、あなたが持っている1ビットコインを、友だちの持っている1ビットコインと交換しても、1ビットコイン自体の価値は同じです。

それに対し、NFTアートは『唯一無二』です。

例えば、あなたがワンピースの作者である尾田栄一郎さんのサイン入り単行本を持っているとします。

もしも友だちから、「同じ単行本を持っているから交換しよう」と言われたら、素直に交換しますか?

助手くん

絶対に交換しないわ、、!!

なぜそうなるかというと、あなたの持つ単行本には尾田先生のサインが入っていて、『唯一無二』だからです

クリプト博士

NFTアートは、まさにサイン入りの単行本のようなものじゃ。対して仮想通貨は、たくさん流通している普通の単行本のようなイメージじゃな!

なので、NFTと仮想通貨には『ブロックチェーン』を利用しているという共通点はあるものの、まったく違う性質を持っています。

NFTの今後の将来性

NFTの将来性には、世界中からかなり大きな期待が寄せられています。

注目

前述したワンピースも例外ではなく、集英社から『ワンピースのNFTアート』が抽選販売され、注目を集めています。

いまはまだ情報感度の高い人が多いイメージですが、今後は大手企業や有名アーティストがどんどん参入し、さらなる盛り上がりを見せるはずです。

もっと詳しく知りたい方は、NFTの今後の将来性!アート・ゲーム・投資の観点から考察するの記事をご覧ください。

クリプト博士

ワンピースのように、日本の漫画やアニメ文化とNFTは相性が良いとされとるから、今後が楽しみじゃな!

NFTを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

NFTを買う人の心理

現在、NFT界隈では当たり前のように数百万円〜の売買が行われ、なかには数十億円の値がつく作品もあります。

助手くん

どうしてそんな大金を払ってまで手に入れたいのかしら、、?

それには、以下の3つの理由があります。

3つの理由!
  1. 純粋にそのデジタル作品がほしい
  2. 有名な作品のオーナー (所有者) になりたい
  3. 今後の値上がりを期待した投資目的

ひとつずつ丁寧に解説していきます。

純粋にそのデジタル作品がほしい

これはアート作品以外にも当てはまりますが、

  • 趣味で集めている
  • デザインが気に入った
  • そのアーティストのファン

など、普通に作品として『自分が所有したい』という理由です。

いままではデジタル作品に所有の概念はありませんでしたが、NFTのおかげで今後はさらにこの流れが加速するでしょう。

NFTアートをいますぐ購入したい方はこちらの記事をどうぞ↓

有名な作品のオーナー(所有者)になりたい

こちらも前述した理由と似ていますが、有名な作品のオーナーになることをステータスとする人は、NFTのような希少性に価値を感じます。

そういう人は有名な作品であればあるほど所有したくなるので、NFTの作品がたくさん生まれるほど、巨額なお金が動くでしょう。

今後の値上がりを期待した投資目的

NFTはまだまだ新しく、これからどんどん盛り上がりを見せるのは間違いありません。

それを見越し、投資としてNFT作品を買っている人もたくさんいます。

いまは数万円の作品が、ひょんなことから数年後に数千万円の価値に跳ね上がるなんてことも珍しくないでしょう

助手くん

ってことは、いまNFT作品をたくさん売れば、それだけ買ってもらえるチャンスってこと、、?

NFTの投資方法についてはこちらの記事に書きました。

NFT転売について

また、最近では短期でNFTアートを売買して利益を出す「NFT転売」も流行っています。

転売と聞くと「買い占めて異常な高値で売る」という悪質なものをイメージする方もいるかもしれませんが、それはマナーを守らない人がおこなう転売です。

NFTアートの転売は、これから伸びそうな作品を安いうちに買い、少し値上がりしたら売る、という「才能発掘」に近いような感覚でおこなわれています。

しかも、NFTアートの場合は「作品が売買されるたびに制作したクリエイターに手数料が入る」という設定ができます。

高額チケット転売のような悪質な転売は、制作したクリエイターにお金が落ちずに嫌な思いをするだけですが、NFT転売の場合はむしろクリエイターにとって嬉しいのです。

NFT転売についてはこちらの記事に書きましたので、知見を広げるために読んでみてください↓

NFTを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

巻き起こるNFTブーム

ここまで解説してきましたが、いまは完全な『NFTアート』ブームです。

NFTアートは、アート作品にNFTの技術を組み合わせることでできた、『唯一無二のデジタルアート作品』です。

クリプト博士

つまり、デジタルのアート作品に「これはコピーではなくオリジナルですよ!」という証明がついているんじゃ!

とはいえ、『オリジナルの証明』の重要さにピンとこない方も多いと思うので、現実世界のアートを思い浮かべてみましょう。

例えば、

  • モナリザ
  • ゲルニカ
  • 最後の晩餐

など、誰もが知っている有名な絵画があります。

上記の絵画に億を越える金額がつき、わざわざ世界中の人が美術館まで足を運ぶのは、その絵が『オリジナルで希少価値が高いから』ですよね?

それと同じように、いままではコピーや改ざんをし放題だったデジタル上のアートも、NFTによって価値がつくようになりました。

つまり、NFTアートによって、あなたのデジタル作品が『モナリザ』や『最後の晩餐』のように世界中から注目され、億を越える価値を生み出す可能性がグッと高まったのです。

その代表例が、『Crypto Punks (クリプトパンクス)』です。

話題のCryptoPunks (クリプトパンクス)

Crypto Punks

Crypto Punks (クリプトパンクス)とは、ユニークな人の顔のドット絵が売買できるNFTのマーケットプレイスです。

見た目はただのドット絵ですが、これの面白いところはAIによって作られた、世界で10,000点のみのNFT作品だということです。

その話題性、希少性から、投資目的の購入者がたくさん参入し、2021年の9月には、日本円にするとなんと10億円以上で売買されたドット絵もあります。

クリプト博士

クレジットカードでおなじみのVISAも、日本円にして約1,800万円のCrypto Punksを購入して話題になったんじゃ!

ツイッター創業者のツイートが〇〇円で売れた!

2021年3月、ツイッターの創業者でありCEOのジャックドーシーが、自分が初めて投稿したツイートをNFTにして、約3億1500万円で販売しました。

助手くん

ツイートに3億円の価値がつくなんて、、! NFTって思ってるよりも世界的な影響がすごいのね!!

集英社がワンピースのNFT作品を抽選販売

週刊少年ジャンプの出版社である集英社が、NFTとブロックチェーンを使ったマンガアート販売事業を始めました。

そのなかで大きな注目を集めたのが、大人気漫画の『ワンピース』のカラープリントです。

販売されるアート作品には、ブロックチェーン証明書『Cert.』が発行されます。

Cert.とは?

ブロックチェーンの仕組みを使い、作家さんや版元の情報、所有した人たちの歴も永続的に記録されます。

今後、さまざまな漫画やアニメも参入していくことでしょう。

小学生が描いたNFTアートが380万円で売れた

2021年9月、小学3年生の男の子が『夏休みの自由研究』として描いた絵が、世界最大手のNFT取引所『Open Sea (オープンシー)』で高額取引されました。

ゾンビと虫や動物を掛け合わせた『Zombie Zoo (ゾンビズー)』というドット絵で、使ったのはドット絵が描ける無料アプリのみ。

その後もこちらの小学生のNFTアートは売れ続け、累計4400万円分の価値にまでなりました。

つまり、NFTアートは小学生でも作成でき、誰でも世界中で高額取引される有名『NFTアートクリエイター』になれる可能性があるのです。

NFTアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

サクッと無料で口座開設

NFTが多くのクリエイターを救う?

NFTによって、クリエイターが想いを込めた作品にしっかりと価値がつくようになりました。

データの偽造もできないので、複製のものが取引されてしまう心配もありません。

なので、どんなクリエイターにも、有名になれるチャンスがこれまで以上に多く訪れる時代になります。

現在、NFT市場ではデジタルイラストの販売以外にも

などが少しずつ売れ始めてきています。

クリプト博士

実際にクリエイターの声を聞いてみるのが1番早そうじゃの!

日本や海外のイラストレーターや企業も続々参入

NFTのイラストを作ってみたい方は、NFTアートを作るおすすめアプリ7選の記事を参考にしてみてください。

NFTを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。本人確認などで数日かかるので、サクッと開設しておきましょう。

サクッと無料で口座開設

NFTのリスクや今後の課題

NFTはまだまだ新しい技術です。

なので、

  • 法整備
  • 税金面
  • NFTの悪用

など、安全に楽しく利用できるまでには課題もあります。

現在のNFTのメリットやデメリットなどはこちらの記事にまとめました↓

NFTの口コミや評判

NFTに必要な口座をサクッと開設しておく↓

誰でも簡単にNFTを始められます

かなりの盛り上がりを見せるNFTですが、その流れは今後さらに加速していきます。

なぜなら、

  • 大手企業
  • 有名アーティスト
  • 有名な漫画やアニメ

などが、どんどん参入する未来がくるからです。

特に、イラストなどのアートに興味がある方は、いまのうちに始めることで有名になるチャンスを掴みやすくなるでしょう。

NFTアートは簡単に作成や販売、購入ができるので、その手順をわかりやすくまとめた記事を以下に載せておきます。

助手くん

自分だけ波に乗り遅れないように、いますぐチェックしなきゃ、、!

サクッと無料で口座開設

NFTアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必要です。まだ持っていない人は早めに開設〜入金まで済ませておきましょう。

NFTで作品を購入してみる

NFTでデジタル作品を販売してみる

クリプト博士
この記事を書いた人

仮想通貨歴4年、ブログ歴6年。

どこよりもわかりやすい
仮想通貨・NFT・メタバースの情報を発信。

ビットコインとイーサリアムを
メインで保有しています。
この記事を友人にシェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる